PR

産経WEST 産経WEST

108人が犠牲、岡山「恐怖の用水路」の実態

岡山県内のいたるところに、柵のない用水路が散在している=同県倉敷市
岡山県内のいたるところに、柵のない用水路が散在している=同県倉敷市

 「農業県」を自称する岡山県で、用水路への転落事故が後を絶たない。死亡事故が相次ぎ全国的に注目されたことを受け、昨年3月、転落事故が発生しやすい場所、効果的な対策工法を示す「ガイドライン」の案を策定。令和2(2020)年までの2カ年の追加調査を経て完成させる。あわせて柵や街灯の設置を進めるが「安全安心」は道半ばだ。(織田淳嗣)

 参議院選投開票日の7月21日、またも岡山県で用水路転落事故が発生した。

 同日午前11時5分ごろ、岡山市東区金田の市道で「自転車と男性が用水路に転落している」と110番があった。岡山県警岡山東署によると、用水路に倒れていたのは市内に住む無職の男性。搬送当時は意思疎通は困難だったという。現場は柵のない用水路だった。

 転落の原因は分かっていないが、こうした事故は岡山県では頻発している。なぜか。それには歴史的な経緯がある。

 岡山県南部は瀬戸内海に面した平野で、江戸時代は新田開発が進み、稲作地帯が形成された。近代に入ると児島湾の干拓が行われ、さらに水田が拡大。農業用水を供給するため、数多くの用水路が設置された。

 特に岡山市、倉敷市の用水路の密度は全国平均の5倍と高い。全国の用水路の総延長が40万キロなのに対し、岡山市だけでその1%にあたる4千キロ、倉敷市は2千キロを占める。

柵がない?

 事故も多い。岡山県などの調べでは平成25(2013)~28年の4年間に、用水路、側溝、小川、田畑への転落事故での救急出動は1562件。死亡者は108人に上り、8割以上が65歳以上の高齢者だった。事故は岡山市、倉敷市の都市部に集中。死者数は25年、27年でそれぞれ全国のワースト1位となり、特に27年は交通死亡事故における転落死亡事故の割合が13・8%に達し、全国平均の6倍となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ