PR

産経WEST 産経WEST

京アニ放火 バケツに向きしゃがむ男、叫び声と同時に炎・煙…発生時の第1スタジオは 

第1スタジオの見取り図と状況図
第1スタジオの見取り図と状況図
その他の写真を見る(1/2枚)

 アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の放火殺人事件。現場となった第1スタジオ(京都市伏見区)には発生時、20~60代の社員ら71人がいた。激しい炎と真っ黒な煙が社員らを襲ったのは、ちょうどスタジオ内が慌ただしさを増す朝の時間帯だった。事件は8月1日で2週間。被害の実態を解明するため捜査が続く中、脱出した社員の証言や京都府警、市消防本部、会社などへの取材で当時の様子が次第に明らかになってきた。

 「うわっ」。男性社員の声がスタジオ1階に響くと同時に炎は一気に燃え広がった。

 消防への一報は7月18日午前10時32分。スタジオから約100メートル離れた京阪六地蔵駅に駆け込んだ京アニ社員からの119番だった。その内容は通常の火災通報とは全く様相が異なっていた。

 「玄関の自動ドアの外でバケツに向かってしゃがみこんでいる男がいた」

 「ガソリンの臭いがする。男が火をつけた」

 この日、第1スタジオではいつも通り午前9時から業務が始まっていた。午前10時過ぎから11時ごろは普段から最も人の出入りが多く、鉄骨3階建ての瀟洒(しょうしゃ)な建物内は「わちゃわちゃした」(脱出した社員)状態になっているという。

 京アニの代理人によると、1階の正面出入り口にはシャッターがあったが、通常、業務時間帯は開けられており、自動のガラス扉から誰でも出入りすることができた。

 青葉真司容疑者(41)は玄関近くで、携行缶から十数リットルのガソリンを2個のバケツに移し替えたとみられる。そして自動扉から1階に侵入すると、いきなり「死ね」といいながら、バケツのガソリンをらせん階段の近くにまいたが、直接浴びた社員もいたという。その後、簡易ライターで火をつけたとみられる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ