PR

産経WEST 産経WEST

おいしく生まれ変われ「楠公飯」 映画「この世界の片隅に」にも登場

玄米で作られた節米食の「楠公飯」。今回の取り組みでは、現代風に大幅アレンジされる(藤崎真生撮影)
玄米で作られた節米食の「楠公飯」。今回の取り組みでは、現代風に大幅アレンジされる(藤崎真生撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 先の大戦で庶民の食卓にのぼった「楠公飯(なんこうめし)」を現代風にアレンジする試みが、大阪で始まっている。もともとは炒った米を一晩水につけ、かさ増しして炊いた節米食。南北朝時代の武将、楠木正成(楠公)が呼び名の由来で、正成ゆかりの観心寺(大阪府河内長野市)と大阪樟蔭女子大(同府東大阪市)などが取り組む。女子大生をとりこにする味を追求し、12月にも精進料理やスイーツとして新しいメニューを作る計画だ。(藤崎真生)

 「あっさりしてる」「意外とおいしいかも」。6月30日、観心寺に隣接する創作精進料理のレストラン「観心寺KU-RI」。同大の2、3年生約10人が玄米で作った楠公飯を試食し、健康栄養学部3年の村上真心(こころ)さん(21)は「おかゆよりもヘルシーな印象。いろいろなタイプの楠公飯を作りたい」と語った。

 楠公飯は、大戦下の広島を舞台にした平成28年公開のアニメ映画「この世界の片隅に」にも登場した。主人公のすずは作中で「まず米をよーく炒る」「水を加え、弱火でじっくり炊きあげるべし」などと解説しながら仕上げていく。水を吸って大きく膨らみ、プルプルと震える米粒が描写された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ