PR

産経WEST 産経WEST

阪神ソラーテ 甲子園デビュー戦で逆転サヨナラ2ランの大仕事

家族と記念写真を撮る阪神・ヤンハービス・ソラーテ=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
家族と記念写真を撮る阪神・ヤンハービス・ソラーテ=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
その他の写真を見る(1/4枚)

 阪神は新たに加入したばかりのソラーテが、自身初めての本拠地甲子園でのデビュー戦で逆転サヨナラ本塁打の大仕事をやってのけた。

 5-6で迎えた九回、先頭打者の近本が右前打で出塁した無死一塁で、中日6番手岡田の初球を左翼ポールを直撃する起死回生の一発。ダイヤモンドを一周しながら、跳びはねて喜びを爆発させた。

 やはり1点を追う五回にも球団通算8000号となる逆転2ランを放つなど、4安打4打点の大暴れ。この日は「2番・遊撃」で先発出場するなど、打順や守備位置はまだ流動的だが、今後に期待が膨らむ活躍ぶり。自身の名前を連呼するファンの大声援を浴び「皆さんに受け入れられてうれしい。これを続けていく」と会心の笑みを浮かべた。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ