PR

産経WEST 産経WEST

高校野球大阪決勝・金光大阪の辻本湧斗投手「みんながいるから全力で投げられた」

先発した金光大阪の辻本湧斗=29日、大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアム(寺口純平撮影)
先発した金光大阪の辻本湧斗=29日、大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアム(寺口純平撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 「初回に1点が入ったことで、チームをさらに勢いづけたかった」。持ち前の制球力でコーナーに投げ分け、三回まで無失点で切り抜けた。

 コールドゲームとなった前日の準決勝では、7回を2安打に抑える好投。連日の先発だったものの、「疲れはあったが、球も走っていて悪くなかった」。

 しかし、履正社打線が2巡目を迎えた四回、4~6番に2本の本塁打を含む3連打を浴び3失点。「そんなに甘くない球でもどんどん打ってくる。想定外だった」。「投げていれば、いつかは点を取られる」と気持ちを切り替えて、続く五回は無失点。「気持ちを落ち着かせて投げることができた」のが、今大会で成長した点だと振り返る。

 この回でマウンドを降り、交代した主戦の鰺坂由樹投手と、「頼む」「任せろ」と言葉を交わした。「鰺坂たちは多くのことを学ばせてくれ、自分を高めてくれた存在。みんながいるから全力で投げることができた」。仲間への感謝と信頼で、“3年の夏”を締めくくった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ