PR

産経WEST 産経WEST

履正社の長打力が爆発 高校野球大阪大会決勝戦評

【第101回高校野球大阪大会決勝 金光大阪対履正社】四回、左越えに本塁打を放つ履正社の井上広大=29日、大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアム(寺口純平撮影)
【第101回高校野球大阪大会決勝 金光大阪対履正社】四回、左越えに本塁打を放つ履正社の井上広大=29日、大阪市此花区の大阪シティ信金スタジアム(寺口純平撮影)

 履正社の長打力が爆発、3本の本塁打を放つなど、金光大阪を圧倒した。

 1点を先行された履正社は四回1死から、4番井上広大選手が左翼スタンドにソロ本塁打を打ち込み、同点に追いついた。続く内倉一冴(かずさ)選手が右前安打で出塁すると、野口海音(みのん)主将が左中間に豪快な2点本塁打を放って逆転。さらに六回には内倉選手の適時二塁打、七回には小深田大地選手のソロ本塁打が続き、最終回にも2点を加えた。

 守っては、先発の清水大成投手、六回から継投した岩崎峻典投手が好投し、相手打線を4安打に抑えた。

 金光大阪は一回、相手守備のミスから1点を先制。五回には、2死二塁から3番佐々木慶矢(けいや)選手が中前に適時打を放って1点を返したが、反撃はここまでだった。先発の辻本湧斗投手は準決勝では被安打2の無失点だったが、決勝では疲れが見え、5回で降板した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ