PR

産経WEST 産経WEST

【京アニ放火】「夢かなえたばかり、なぜ…」安否不明の大野萌さん、祖父母沈痛

大野萌さんが昔描いた絵や、今年の誕生日にもらった国語辞典を大切にしている岡田和夫さん(左)と一二美さん=京都府木津川市(西山瑞穂撮影)
大野萌さんが昔描いた絵や、今年の誕生日にもらった国語辞典を大切にしている岡田和夫さん(左)と一二美さん=京都府木津川市(西山瑞穂撮影)

 夢がかなって、これからだったのに-。アニメ制作会社「京都アニメーション(京アニ)」のスタジオ放火事件で、社員の大野萌(めぐむ)さん(21)の安否がまだ確認されていない。アルバイト代をためてアニメーター養成塾に通い、念願の正社員になったばかり。そばで成長を見守ってきた祖父母は「本当に優しくて一生懸命なめぐちゃんがなぜ」と声を詰まらせる。

 京都府木津川市の岡田和夫さん(69)と一二美(ひふみ)さん(65)によると、孫娘の萌さんは同市内で家族4人暮らし。「小さい時からいつも紙を持ち歩き、アニメの絵を描いていた」と振り返る。中学までピアノも習い、高校では吹奏楽部に所属したが、「やっぱり絵を描きたい」と地元の京アニを目指したという。

 高校時代にアルバイトでためた資金で卒業後、京アニのアニメーター養成塾に1年間通塾。2年前の春から研修の形で京アニ本社で働き始めた。当時は思うように課題をこなせないこともあり、徹夜で絵を描きながら「描きたいけどつらい」と弱音を漏らすこともあった。しかし、努力を続けて昨年末ごろ正社員に。萌さんは涙を流して喜び、念願のスタジオ勤務が決まった。

 「アニメや映画のエンドロールで自分の名前が上に出てくるように頑張る」。そう話し、「ひ孫をみたい」といっても「結婚はまだだめ」と仕事に打ち込んでいた。最近公開された映画には萌さんの絵も使われたといい、「小さいけど名前が載った」とうれしそうに報告してくれた。

 そんな中、事件は起きた。萌さんは病院に搬送されておらず、駆けつけた家族が行方不明者リストに名前を見つけた。19日朝には、遺体が一時安置されていた警察学校を両親が訪れたが確認できず、今はDNA型鑑定の結果を待つ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ