PR

産経WEST 産経WEST

宮迫博之さん引退の意向伝える 入れ墨の男と写真撮影 写真週刊誌報道

「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん
「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん

 振り込め詐欺グループのパーティーで会社を通さない「闇営業」をして謹慎処分となっているお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)が、芸能界を引退する意向を所属する吉本興業に伝えたことが19日、関係者の話で分かった。同日発売の写真週刊誌「フライデー」は、宮迫さんが犯罪者グループとみられる男らと一緒に撮影したとされる新たな写真を掲載した。

 闇営業問題をめぐっては、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)も、今後の活動などについて吉本興業と協議を続けているという。

 19日発売のフライデーの写真は、平成28年7月に大阪市の繁華街の飲食店で、宮迫さんが入れ墨の男たちと撮影したとされるもの。

 記事によると、そのうちの1人は、同時期に福岡市のJR博多駅前で発生した約7億6000万円の金塊窃盗事件で窃盗罪に問われた人物。この写真撮影の後に、宮迫さんが男たちから現金で謝礼を受け取っていた、と報じている。

 宮迫さんは6月、振り込め詐欺などを行う反社会的勢力のグループの会合に出席して謹慎処分中。その後、報酬として100万円を受け取っていたことも判明した。「相手が反社会勢力だったことは報道で初めて知り、つながっていた事実はない」と釈明していた。この会合では田村さんも50万円を受け取っていた。報酬を受け取った芸人は、税の修正申告を行ったという。

 「アメトーーク!」(テレビ朝日系)や「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)、「炎の体育会TV」(TBS系)など、宮迫さんがレギュラー出演していた番組を抱えるテレビ各局は現在、宮迫さんの出演を見合わせている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ