PR

産経WEST 産経WEST

兵庫・洲本5人刺殺、1審と異なる精神鑑定結果 大阪高裁

 兵庫県洲本市で平成27年3月に男女5人を刺殺したとして殺人罪などに問われ、1審神戸地裁の裁判員裁判で死刑判決を受けた無職、平野達彦被告(44)の控訴審第2回公判が17日、大阪高裁(村山浩昭裁判長)で開かれた。精神鑑定を実施した医師が証人として出廷し、1審が認定した病名とは異なり、被告は「妄想性障害」だったとする診断結果を明らかにした。

 医師は、被告が向精神薬の服用による精神疾患だったとする1審の鑑定結果を否定。「電磁波兵器による攻撃を受け続けていた」とする被告の発言などから「妄想性障害に罹患(りかん)していた」と指摘した。一方、検察側の証人として1審で精神鑑定を実施した別の医師も出廷し、改めて被告は薬剤性の精神疾患だったと証言した。

 1審判決によると、平野被告は27年3月9日、洲本市で男女5人をサバイバルナイフで刺殺した。

 高裁は昨年9月の控訴審初公判で、職権で改めて鑑定を決定していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ