PR

産経WEST 産経WEST

京都スタジアム整備の公金差し止め訴訟、請求棄却

 京都府亀岡市で府が建設する球技専用の府立京都スタジアム(サンガスタジアム by Kyocera)整備事業に対する公金支出は違法だとして、同市民ら約100人が知事と同市長に支出の差し止めを求めた住民訴訟の判決が16日、京都地裁であり、増森珠美裁判長は請求を棄却した。

 スタジアムの事業費は約167億円。原告らは観客動員の見積もりは根拠が乏しいとして「最少の経費で最大の効果を上げなければならない」と定めた地方自治法に違反するなどと主張していた。

 増森裁判長は判決理由で「予測される来場者数が不合理であるとはいえない」として訴えを退けた。代理人の弁護士らは「不当な判決で納得できない」と話し、控訴を検討するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ