PR

産経WEST 産経WEST

【ニュースを疑え】インバウンド急増「亡国の落とし穴」東洋文化研究者、アレックス・カーさん

 日本を訪れる外国人旅行者数が右肩上がりだ。昨年は3千万人を突破し、政府は東京五輪・パラリンピックを開催する来年に4千万人の目標を掲げる。「観光立国」推進は経済再生のカギとばかり明るい側面が強調されるが、東洋文化研究者のアレックス・カーさん(67)は「過剰な観光客は公害だ」と言う。生活環境の悪化や金を落とさない「ゼロドルツーリズム」問題など「観光亡国」を避けることが必要と語った。(聞き手 坂本英彰)

 アレックス・カーさん 12歳で初来日して以来、日本の伝統文化に魅せられ研究してきた。地域再生コンサルタントとして観光ビジネスにも詳しい=京都市下京区(永田直也撮影)
 アレックス・カーさん 12歳で初来日して以来、日本の伝統文化に魅せられ研究してきた。地域再生コンサルタントとして観光ビジネスにも詳しい=京都市下京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 -インバウンドをどう見ていますか

 「2003年に当時の小泉純一郎首相が『観光立国』を宣言し、たった十数年で驚くほどの成果が出ました。京都に住んでいると、おびただしい観光客の訪日を実感します。そもそもは停滞する日本経済の再生が目的でしたが、観光産業はいまではトヨタ自動車の収益に匹敵するくらいになりました。日本経済は観光に依存する面が出てきたのです」

ラッシュのような京都・嵐山

 --世界的にみて特殊な現象なのでしょうか

 「いえ日本はむしろ遅い方です。バルセロナやアムステルダム、タイやベトナムなど各地で観光客が激増しています。中国や東南アジアなどで新興国が発展し、生活が豊かになった人たちが億単位で現れた。格安航空会社(LCC)が登場して旅行費用が安くなった。こうした理由で一挙に海外旅行者が増えたのです。海外ではいまや、観光客の増えすぎによる弊害、すなわち『オーバーツーリズム』が大きな問題になってきています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ