PR

産経WEST 産経WEST

民家で高齢夫婦死亡、無理心中か 京都府警

 京都府八幡市橋本栗ケ谷の民家で12日、この家に住む男性(83)と妻(78)が死亡しているのが見つかり15日、京都府警八幡署が発表した。司法解剖の結果、2人の死因は窒息死で、同署は男性が無理心中を図った可能性があるとみて慎重に調べている。

 同署によると、夫婦は2人暮らし。12日午前10時10分ごろ、この家を訪ねたデイケアサービスの職員から「インターホンに応答がない」と119番があり、駆けつけた八幡署員らが発見した。男性は2階和室で首を吊った状態で見つかり、女性は1階寝室のベッドにあおむけで寝た状態で、布団がかけられていたという。

 女性は認知症があり、週3回のデイケアサービスを受けていた。10日に職員が訪れた際は2人とも在宅しており、異常はなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ