PR

産経WEST 産経WEST

村田が王座返り咲き ブラントに2回TKOで雪辱

2回、勝って喜ぶ村田諒太=エディオンアリーナ大阪(山田喜貴撮影)
2回、勝って喜ぶ村田諒太=エディオンアリーナ大阪(山田喜貴撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦が12日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級は前王者で同級4位の村田諒太(帝拳)が王者のロブ・ブラント(米国)との再戦を2回2分34秒、TKOで制して9カ月ぶりの王座返り咲きを果たした。

 33歳の村田は2回、打ち合いを制してダウンを奪うと、再開直後からラッシュを仕掛け、主審が試合を止めた。

 2012年ロンドン五輪金メダリストの村田のプロ転向後の戦績は、17戦15勝(12KO)2敗。28歳のブラントは27戦25勝(17KO)2敗。

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級チャンピオンの拳四朗(BMB)は同級1位のジョナサン・タコニン(フィリピン)を4回1分0秒、TKOで下して6度目の防衛戦を制した。戦績は16戦全勝(9KO)。タコニンは33戦28勝(22KO)4敗1分け。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ