PR

産経WEST 産経WEST

【虎番疾風録第3章】(19)悩めるルーキーに染みる「無心」の言葉

 阪神タイガースが日本に帰ってきた。帰国第1戦は3月18日、甲子園球場での西武とのオープン戦。気温は6・6度。真っ黒に日焼けした猛虎たちは寒さに震え上がった。

 ◇3月18日 甲子園球場

 西武 110 000 030=5

 阪神 000 000 003=3

 (勝)永射1勝 (敗)小林1敗

 (本)山崎(1)(小林)、岡田(2)(松沼兄)

 試合は“寒敗”。それでも「8番・右翼」で先発出場した岡田は、九回2死一、二塁から松沼兄の初球を左中間スタンドへ叩き込んだ。

 「ちょっとつまったけど、思い切りよく振ったのがよかった」。アリゾナで見せていた思い詰めた表情がウソのように消えていた。実は帰国した日の夜、父親・勇郎さんからこんな言葉をもらっていた。「細かいことは気にせず無心でやれ。お前はお前の力を出せばいいことや」。短い言葉だったが一瞬で暗かった心が晴れたという。

 この日、甲子園にもう一人、岡田を気遣う人がいた。西武に移籍後、2年ぶりに古巣の土を踏んだ田淵だった。彼は岡田の悩みも苦しみも分かっていた。

 時は遡(さかのぼ)る。昭和44(1969)年、シーズン開幕前、ルーキー田淵は打撃不振のどん底で喘(あえ)いでいた。法大時代に22本塁打を放ち、鳴り物入りで阪神に入団したものの、いきなり「内角球が打てない」弱点が露呈。オープン戦で初本塁打が出るまでなんと17試合、60打席もかかった。

 開幕まであと数日に迫った4月3日、岡山での中日とのオープン戦。先発した親友・星野にノーヒットに抑えられ「迫力がまったくない。大学のときよく打っていた外角寄りの低めのストレートまで打てなくなっている。あまり気の毒なのでカーブを投げるのを遠慮しました」とまで言われ、後藤監督もついに田淵の開幕「先発マスク」を断念した。そのときの苦しさ、悔しさに比べれば…。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ