PR

産経WEST 産経WEST

ラグビーW杯熱気に「関西格差」 

長田神社前商店街に掲示されているラグビーワールドカップ日本大会のポスター=神戸市長田区(木下未希撮影)
長田神社前商店街に掲示されているラグビーワールドカップ日本大会のポスター=神戸市長田区(木下未希撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げようと、試合会場となる神戸市が商店街など約240団体に関連イベントの経費支援を呼びかけながら、支援の申請や打診が2件にとどまっていることが分かった。関西でもう一つの会場となる大阪府東大阪市も同様の支援事業を実施しているが、対象の60団体から20件の打診や申請があるといい、街の熱気の差が浮き彫りになっている。

 ■盛り上がり欠け

 「一生に一度のビックイベントなのに…」。神戸市長田区の長田神社前商店街の理事長、吉岡利明さん(50)は声を落とす。隣の兵庫区にある市御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸)でのW杯開催を機に、同商店街は周辺にポスターを掲示。8月には親子向けにラグビーボールを使ったミニゲームを企画し、市に経費支援の申請を打診した。

 しかし、同商店街以外に市に打診し実際に申請したのは、すでに七夕イベントを開催した中央区の商業団体のみ。吉岡さんは「他の商店街と連携するような動きはなかった。全体的に盛り上がりに欠ける」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ