PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】朝乃山の親方デス! 定年までに もうひと花を咲かせたいネ 元大関・朝潮の高砂親方(63)

初優勝した朝乃山(右)にうれしそうに語りかける高砂親方 =両国国技館(福島範和撮影)
初優勝した朝乃山(右)にうれしそうに語りかける高砂親方 =両国国技館(福島範和撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 5月の大相撲夏場所で平幕優勝を果たした朝乃山。おかげで、高砂部屋が日本中の注目を浴びている。親方は元大関・朝潮。優勝の一夜明け会見で突然、割り込み「賞金たくさんもらったんだから、部屋にクーラー買ってくれよ」と言って報道陣を笑わせた。そう、あの「大ちゃん」である。(聞き手 編集委員・田所龍一)

■次勝ち越したらほんまもん

 6月、東京・墨田区本所の高砂部屋を訪ねた。「そりゃあ驚いたわ。前頭8枚目やで。けど、初日の鋭い立ち合いを見たとき、今場所はそこそこやるという予感はあった。優勝はたいしたもんや。まだクーラー買ってもらってへんけどな」

 だが、次の名古屋場所に話が及ぶと「同じ柳の下にドジョウは2匹おらん」とピシャリと言い切る。番付は東前頭筆頭に上がった。今度は横綱や大関とも当たる。「その中で勝ち越したらほんまもんや」という。勝機はある。朝乃山の得意は右四つ。厳しい立ち合いができるかどうか-にかかっている。「“組んだら強い”といわれる力士は、組むまでが弱いからそう言われとるんや。立ち合いでぶちかます、押す、突っ張る、かち上げる。厳しい攻めがあって初めて得意な形に組める。それが強い“四つ相撲”なんや」

 昭和54(1979)年の初場所で好成績を残した朝汐は3月の大阪場所で前頭6枚目から「筆頭」に上がった。だが、初日に横綱・輪島に転がされると8連敗。9日目に“不戦勝”でようやく勝ちを拾った。結局5勝10敗。以降3場所連続で負け越して14枚目まで落ちた。逆に勢いに乗ってポンポンと出世する力士もいる。「ワシみたいにな」「えっ、誰が?」。思わず顔を見合わせ、笑ってしまった。

【「覚えてる?」34年ぶりの再会】

 出会いは昭和54年3月の大阪場所前。入社1年目の筆者はいきなり「朝汐番」を命じられた。原稿も書かずに一日中一緒。同い年の2人はタニマチの家で野球盤ゲームをしてよく遊んだ。ある日、大ちゃんが言った。「このまま相撲担当するんか? 関西のスポーツ紙なら阪神担当や。“虎番”は横綱やろ。オレなら横綱目指すな」。その日、筆者は上司に「阪神担当させてください」と直訴。翌日から野球班に回された。

入門したての近大・長岡(左)。隣は高砂親方(3代目朝潮)(いずれも当時)
入門したての近大・長岡(左)。隣は高砂親方(3代目朝潮)(いずれも当時)
その他の写真を見る(2/6枚)

 再会は60年の神宮球場。筆者は「虎番」となり大ちゃんは「大関」に。「久しぶり過ぎるやろ!」と笑って叱られた。それからまた一度も会わずに時代は「平成」「令和」へ。6月13日、東京・墨田区本所の高砂部屋を訪ねた。「覚えてる?」と聞くと「えらい大昔やのう。34年ぶりの再会? やっぱり忘れたわ!」と大ちゃんは笑った。

(次ページ)めぐり合い…歌手の松田聖子“ビビビ婚”を…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ