PR

産経WEST 産経WEST

「世界最硬」ダイヤは愛媛で生まれた

 できたダイヤモンドはミカン色に近い。愛媛といえばミカンなので「ヒメダイヤ」と名付けた。特性は1粒が10ナノメートルの多結晶(多くの結晶の集まり)で、世界一硬いこと。「10ナノメートルは1ミリの10万分の1。それがぎっしり詰まっている。ナノ領域の多結晶は単結晶より硬くなるんです」

 世界一硬いのに、ヒメダイヤは特殊なレーザーを使うと加工が容易なことが分かった。表面をつるつるに研磨することもできる。

 研究は2003年に英科学誌「ネイチャー」で発表。世界的に注目が高まり、現在は約30グループと研究を進めている。

地球外惑星の研究に活用

 松山市の愛媛大キャンパスにある地球深部ダイナミクス研究センターには、ヒメダイヤの実験・研究を可能とするための大型の実験装置がそろう。いずれも「ORANGE(オレンジ)-」や「BOTCHAN(ぼっちゃん)」など愛媛を意識した名前が付けられている。実験室の名前も文豪・夏目漱石をもじった「創石(そうせき)実験室」だ。

 こうした環境で技術開発した結果、1センチ大のヒメダイヤを生み出せるまでになった。切削工具として商品化されているほか、高圧下で原子の結合を見る実験などに活用できるという。

 もともと惑星深部の構造や、超高圧高温下での物質の変化の研究を専門としている入舩教授。「ヒメダイヤを用いれば、さらに高圧をかけられる実験装置を作ることができ、地球外の惑星の研究にも役立てることができる」と意欲を燃やす。

    ◇

 文部科学省での展示は東館2階にある情報広場ラウンジで。ヒメダイヤの実物を紹介しているほか、約6分のビデオを見ることができる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ