PR

産経WEST 産経WEST

阪神メッセンジャー、今季最短の2回4失点で7敗目

プロ野球阪神対巨人 1回、巨人・丸佳浩に本塁打を浴び汗をぬぐう阪神・ランディ・メッセンジャー=甲子園球場(水島啓輔撮影)
プロ野球阪神対巨人 1回、巨人・丸佳浩に本塁打を浴び汗をぬぐう阪神・ランディ・メッセンジャー=甲子園球場(水島啓輔撮影)

 マウンド上で苦笑いし首をかしげた。前半戦最後の先発を任された阪神のメッセンジャーが、一回2死からいきなり丸に豪快な先制ソロを浴びた。さえない表情はエースとしての自信が揺らいでいるようにも映った。

 苦しい投球は続く。二回は1死から3連打で失点。さらに犠打と四球で満塁とピンチを広げ、坂本勇に中前へ2点適時打を運ばれた。追い込んでからの決め球を次々狙われ、立ち直るきっかけが見られないまま、今季最短の2回4失点、わずか47球で降板し、7敗目を喫した。

 開幕投手を務めた今季はここまでわずか3勝。「調子いいと思っていたら打たれたり、だめだというときに抑えたり…」と復調は遠い。

 「(2軍再調整も含め)いろいろ考えてみないと」と右腕の処遇に頭を悩ませる矢野監督。ゲーム差は9・5と巨人の背中がかすんだ。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ