PR

産経WEST 産経WEST

【音声あり】「運転しない選択肢を…」 広がる池袋暴走事故遺族の思い

その他の写真を見る(1/2枚)

 少しでも運転に不安がある人は、車を運転しないという選択肢を考えてほしい-。4月に東京・池袋で乗用車が暴走した事故で、妻子を亡くした男性のメッセージをドライバーに伝える取り組みが広がっている。大阪府警は、同じように交通事故で家族を亡くした女性に朗読を依頼。免許更新の講習前に音声を流し、安全運転を呼びかけている。年間100万人以上が受講することになるといい、府警幹部は「遺族の心情を伝えることで、事故の悲惨さを強く訴えることができる」と話している。(西山瑞穂)

 8日、大阪府門真(かどま)市の運転免許試験場の教室に、穏やかだが、悲しみのこもった女性の声が響いた。「最愛の妻と娘を同時に失ってから今日(こんいち)まで、なぜこのようなことになってしまったのか訳が分からず、いまだ妻と娘の死と向き合うことができません」。突然の事故で家族を奪われた男性の悲痛な思いに、受講者らは真剣な表情で耳を傾けた。

 事故が起きたのは4月19日午後。東京都豊島区東池袋の路上で、80代の男が運転する車が赤信号を無視して通行人らを次々とはね、松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡した。

 松永さんの夫である男性は会見を開き、「不安を自覚した上で運転しそうになったとき、2人を思い出し、思いとどまってくれるかもしれない」と妻子の写真を公開。こうした訴えで事故が減れば、「妻と娘も少しは浮かばれるのではないか」と胸の内を語った。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ