PR

産経WEST 産経WEST

大阪・高槻の爆発火災 ガス抜き作業原因か(爆発時の動画)

 府警は9日、業務上過失致死容疑でモノタロウの本社などを家宅捜索。ガス抜き作業の詳しい状況などを調べている。モノタロウは「警察の捜査に全面的に協力する」などとするコメントを出した。

 スプレー缶が原因の爆発事故は過去にも発生している。昨年12月には、札幌市の不動産仲介店で爆発が起き、隣接する居酒屋の客ら計52人が負傷。消臭スプレーを処分しようと、120本の中身を噴射したのが原因とみられている。

 スプレー缶の製造業者でつくる「日本エアゾール協会」(東京)の専務理事、斎藤英明さん(66)は「スプレー缶の約8割が可燃性のガスを使用している。静電気でも引火することがあり、非常に危険だ」と注意を呼びかける。

 缶に穴を開けると中身が一気に噴射され、引火しやすいため、環境省は廃棄の際には、缶に付属されているガス抜きキャップを使って中身を出し切る方法などを推奨している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ