PR

産経WEST 産経WEST

大腸がんから復帰の阪神・原口 球宴選出に「感謝でいっぱい」

「マイナビオールスターゲーム2019」にプラスワン投票で選出された阪神・原口文仁=甲子園球場(水島啓輔撮影)
「マイナビオールスターゲーム2019」にプラスワン投票で選出された阪神・原口文仁=甲子園球場(水島啓輔撮影)

 大腸がんの手術をへて6月に戦列復帰を果たした阪神の原口は、ファンの後押しを受けて3年ぶりの球宴出場。「シーズン最初から出ている選手がいるのに、選んでいただいて感謝の気持ちでいっぱい」と喜びをかみしめた。

 初出場だった2016年は代打で1打席立ち、左翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。今回は第2戦が甲子園開催で、期待も大きくなるが「日本中の人が注目するオールスターで思い切り野球をやっている姿を見せたい」。難病を克服しての出場とあって、結果にこだわらず、晴れ舞台を楽しむつもりだ。

 復帰後は大事な場面で代打で起用されることが多い。矢野監督は「普段はしぶとい打撃をしているけど、甲子園でホームランを狙えばいい」と激励し、本拠地での大暴れに期待を寄せた。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ