PR

産経WEST 産経WEST

「イオン」空白県 福井なぜ?

 イオンの広報担当者は現在福井が「空白地」となっていることについて、「福井に出店の検討がないわけではないが、敷地確保など条件がマッチしないためだ」と話す。かつてダイエーを阻んだ仕組みが、イオン進出の障壁となっているのかもしれない。

北陸新幹線延伸で激化も

 「福井方式」はピアでの苦い経験を経て、現在は県内最大級の「エルパ」(福井市)や、「ベル」(同)、「アル・プラザ アミ」(同県坂井市)といったSC10カ所が採用し、県内に息づいている。

 一方、イオンも虎視眈々(たんたん)と福井の商圏をねらう。平成29年、福井県境に接する石川県小松市に「イオンモール新小松」をオープン。福井県北部も射程に収めた。

 令和5(2023)年春に北陸新幹線が県内延伸し、今後、福井の経済環境は大きな変化が予想される。小売業界の競争もさらに激しくなりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ