PR

産経WEST 産経WEST

「観賞用に」銃20丁所持疑い、山形のガンマニア逮捕

押収された拳銃と小銃計20丁=8日、神戸・長田署
押収された拳銃と小銃計20丁=8日、神戸・長田署

 殺傷能力のある拳銃と小銃計20丁を不法に所持したとして、兵庫県警薬物銃器対策課は8日、銃刀法違反(所持)の疑いで、山形市下条町の無職、鈴木淳一容疑者(55)を逮捕、送検したと発表した。「観賞用として持っていた」と容疑を認めている。

 県警によると、鈴木容疑者は銃身に詰め物をして実弾を発砲できないよう加工した「無可動銃」を購入。「本物に近づけたい」との理由で詰め物を取り外したという。

 県警は昨年12月、密売目的で拳銃などを自作した疑いで、兵庫県姫路市内の男を逮捕。部品を鈴木容疑者から購入していたことが判明し、1月の家宅捜索で20丁を押収した。一部で殺傷能力が確認され、5月に拳銃7丁を所持した疑いで鈴木容疑者を逮捕していた。

 送検容疑は1月、自宅で拳銃7丁と小銃13丁を所持したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ