PR

産経WEST 産経WEST

韓国学生「日本政府信頼できない」8割、「日本に親しみ」も7割 近畿大調査

 また対北朝鮮政策に関する日韓協力について、韓国では「協力する必要はない」が最多の46・4%だった。記述欄には日本に関係ない民族の問題だなどとした内容が多い。これに対し近畿大では「一致して制裁を継続すべきだ」が39・9%で最も多く、日韓協力を重視する姿勢が目立った。

「関係改善必要」はともに8割超

 日韓関係全般への問いでは、相手国に「親しみを感じる」とした学生は近畿大で77・2%、韓国でも70・4%にのぼった。日韓関係について「改善が必要」との回答は近畿大で82・9%、韓国で88・0%と、ともに大多数を占めた。

 韓国は日本への好感と日本政府への反感の併存が特徴。半数以上の66人が「日本への親しみがある」と「日本政府を信頼できない」の両方を選んだ。近畿大では中間的な回答が選ばれる傾向があり、相手国政府への信頼を問う質問では「どちらともいえない」の63・3%が最も多かった。

 調査結果について李教授は「韓国学生の日本政府不信は予想通り。韓国人は世代を問わず歴史的な面での被害を忘れられず、国内報道や世論といった韓国内の“常識”にも影響されているのではないか。日本の学生は政治問題について考えを表明することが少ないが、近年の日韓関係を懸念していることがわかった」と話した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ