PR

産経WEST 産経WEST

【虎番疾風録第3章】(15)岡田に突然の「外野」指令

 《オレが監督だ。文句があるならお前たちがやってみろ》ユニホームを脱ぐ真似(まね)をしてみせたブレイザー監督に、報道陣たちも反発した。気軽に雑談ができる日本人監督と違い、会見でしか言葉を交わさないブレイザー。意思疎通のなさが徐々に険悪なムードに変わっていく。そんな中で“事件”は起こった。

 3月7日、午前中の守備練習で突然、岡田に「外野」の指示が出されたのだ。首をひねりながら外野の守備についた岡田がノックの打球を追う。「岡田、フライを捕るときは常に投げる体勢を考えて捕らなあかんぞ!」と安藤、島野両コーチの指示が飛ぶ。ノックはわずか10分で終わった。だが、ベンチに帰ってきた岡田の表情は複雑そのもの。

 --外野でノックを受けろ-と監督に言われていたのか? の質問にも、首を横に振るだけ。“先発外し”に続く突然の“外野指令”。またしても追いやられる岡田…。報道陣たちのブレイザー監督への質問もつい言葉尻がきつくなった。

 --岡田を外野に回すということは「一塁」がダメということか

 「いや、それは違う。彼は三塁を守っていたし一塁守備も勘がいい。あとは場数さえ踏んでくれればと思っている」

 --監督は数日前に“外野に岡田の割り込む余地はない”と言っていたではないか

 「確かに言った。だが、3人(佐野、ラインバック、竹之内)を抜くつもりでやってほしい」

 --するとヒルトンの「一塁」は決定したということか

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ