PR

産経WEST 産経WEST

「就職氷河期世代」を正社員に 大阪労働局が全国初の専用相談窓口を常設

大阪市内で開かれた「就職氷河期世代」の支援セミナー。35~44歳の23人が参加した=5日午前、同市北区
大阪市内で開かれた「就職氷河期世代」の支援セミナー。35~44歳の23人が参加した=5日午前、同市北区

 バブル崩壊後の不況期に就職活動をした「就職氷河期世代」に正社員としての就労機会を提供しようと、大阪労働局は5日、大阪市北区で就労支援セミナーを開いた。臨時雇用など不安定就労が長期にわたる35~44歳の男女23人が参加し、将来に向けたキャリアプランを模索した。

 内閣府によると、平成5~16年ごろに就職活動をした氷河期世代は30~40代の約1700万人に上り、うち約400万人が非正規雇用や無職とされる。政府は6月、氷河期世代を集中支援する方針を打ち出し、今後3年間で正規雇用を30万人増やす目標を掲げた。

 これを受けて大阪労働局は今月1日、大阪市内のハローワーク2カ所に氷河期世代の正社員希望者に対する相談窓口を設置。全国の労働局に先駆けて本格的なサポートに乗り出した。同局によると、氷河期世代に限定した常設の窓口設置は全国で初という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ