PR

産経WEST 産経WEST

母の遺体1年放置 容疑で38歳男を逮捕 大阪・豊中

 母親の遺体を約1年間、自宅に放置したとして大阪府警豊中署は28日、死体遺棄容疑で大阪府豊中市熊野町の会社員、谷口良太郎容疑者(38)を逮捕した。同署によると、谷口容疑者は母親と2人暮らし。容疑を認め、「母親は病死した。葬式のために金を使いたくなかった」などと供述しているという。

 逮捕容疑は昨年6月、自宅で死亡した母親=当時(76)=の遺体を放置したとしている。同署によると、谷口容疑者は「母親は寝たきりになったので看病していたが、昨年6月中旬に亡くなった」などと説明。遺体は白骨化しているといい、同署は死亡の経緯などを調べる。

 今月28日、谷口容疑者から「自宅で母が死んでいる」と打ち明けられた勤務先の同僚が、同署に通報。署員が駆けつけ、布団の上にある遺体を発見した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ