PR

産経WEST 産経WEST

園児ら72人食中毒症状 京都の幼稚園

 京都市は25日、京都市内の幼稚園で、給食の卵サンドイッチを食べた1~6歳の園児71人と女性職員1人が下痢や嘔吐などの食中毒症状を訴えたと発表した。このうち9人から黄色ブドウ球菌を検出したが、全員快方に向かっているという。

 市保健所によると、給食を提供したパン店「パンの店HAYASHI」(同市山科区)で調理を担当した従業員の指などから黄色ブドウ球菌が検出され、同店が原因の食中毒と断定。同日から3日間の営業停止処分とした。

 この園では園児と職員ら約260人が17日昼の給食で卵サンドを食べ、このうち72人が体調不良を訴えたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ