PR

産経WEST 産経WEST

「ユダヤの商法」半世紀ぶり復刊 日本マクド創業者の金言

ハンバーガーを手に、会見で笑顔を見せる藤田田さん(右)=平成13年、東京都中央区
ハンバーガーを手に、会見で笑顔を見せる藤田田さん(右)=平成13年、東京都中央区
その他の写真を見る(1/3枚)

 日本マクドナルド創業者で大阪出身の藤田田(ふじた・でん)さん(1926~2004年)が、ユダヤ商人の教えを説いた昭和47(1972)年刊行のベストセラー『ユダヤの商法』(KKベストセラーズ)が、およそ半世紀ぶりに復刊され話題を呼んでいる。若き日のソフトバンク社長、孫正義氏ら多くの経営者に影響を与えたビジネス書のバイブルが、先行き不透明な時代の指南書となりそうだ。

(横山由紀子)

 藤田さんは東大在学中、連合国軍総司令部(GHQ)で通訳のアルバイトをしながら学費や生活費を稼ぎ、そこで出会ったユダヤ人から学んだ商法をもとに起業、46年の日本マクドナルド創業など企業経営に生かしてきた。

 「商売は女を狙え、口を狙え」「暗算を得意とすべし」「必ずメモを取れ」「雑学を積むべし」「未決の書類は商人の恥」「休息は必ず取れ」…。

 ビジネス感覚に優れた民族として名高いユダヤの商人の教えをまとめた本書は刊行当時、82万7千部の大ベストセラーに。孫氏をはじめ、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏ら日本を代表する実業家が、青年期に読みビジネスの本質を学んだという。昭和の終わり頃に絶版となったが、古本市場で2万円近くの高値で取引されるほどで、版元のKKベストセラーズには読者から復刊リクエストが寄せられていた。

 そんな幻の名著は、元号が令和に変わる直前の今年4月に復刊。インターネットを中心に「あのユダヤの商法が復刊」と話題となり、即重版されて5万部を上積みした。特に藤田さんの故郷、大阪での売れ行きが好調だという。

 編集者の山崎実さんは、「終身雇用の崩壊や非正規雇用の拡大など激変した労働環境を生きる若者に、稼いで勝ち抜く力を与えたい。その答えが商法の中にある」と復刊の狙いを語る。

■   ■

 半世紀ほど前のビジネス書が、なぜ注目されるのか。現在、投資ビジネスや情報産業などがもてはやされる対し、「ハンバーガーで日本の食文化を変えた藤田さんの商売は、目に見える実体経済。経験値で語る生の言葉が響くのでしょう」と山崎さん。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ