PR

産経WEST 産経WEST

【虎番疾風録第3章】(6)ブレイザー、まさかの手ぶら来日

 昭和54(1979)年シーズンは「江川騒動」で巨人から獲得した小林が、古巣からの8勝を含む22勝を挙げ、初の「最多勝利投手賞」と2年ぶりの「沢村賞」に輝いた。西武へトレードされた田淵に代わって“新主砲”となった掛布も48ホーマーを放ち初の「本塁打王」を獲得。同トレードで入団した真弓、若菜、竹之内らが大きな戦力となり、夏の長期ロードの頃まで“首位戦線”をにぎわした。

 最終的に4位で終わったものの、61勝60敗9分けの成績は、ブレイザー監督が提唱する「シンキング・ベースボール(考える野球)」が選手に浸透し始めたもの-と評価された。

 「ブレイザーは野球を打つ、投げる、走るというプレーだけでなく、“頭のスポーツ”として捉えていた。阪神の選手たちも多くを学んだはずだ」とは、自らの野球理論「ID野球」の源流はブレイザーにある-とする野村克也の見解だった。

 同年オフ、強運のドラフトで東京六大学のスラッガー岡田を獲得。あとはウイークポイントとなっていた「2番打者」「外野手」を補強するだけ。その第1候補が大リーグ・メッツのギル・フローレス外野手だった。すでにメッツと阪神との間で「譲渡」が合意。ブレイザー監督がプエルトリコで開催されるウインターリーグに行き、フローレス本人に直接会って「よろしく頼む」と約束を交わす手はずになっていた。

 1月24日午後1時50分、大阪国際空港着のPAA機で、サラ夫人と4人の子供たちとともにブレイザー監督が来日した。“朗報”を聞こうと報道陣が殺到した。

 --フローレス獲得の件は順調か

 「いやぁ、それが…。ミシシッピの彼の家に電話したんだが不在だった。家の人に“帰ってきたら折り返し連絡がほしい”と伝えているが、まだ返事がない。本人からも2カ月間…」

 --ということは、監督はフローレスに会っていないのか

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ