PR

産経WEST 産経WEST

化学の力でマットレス 最新グッズから見る防災対策

 夏は災害が多発する季節だ。毎年のように豪雨がまちをのみ込み、近年では猛暑も災害と数えられるようになった。いつ、どこで起きるかわからない中で、いかに備えるのか。インテックス大阪(大阪市住之江区)で6月6~7日に開かれた「防犯防災総合展2019」を取材し、最先端の防災グッズからヒントを探った。(鈴木俊輔)

 「非常用のマットレスを作ってみませんか?」。精密機器メーカーのコニシセイコー(京都市右京区)のブースで、2種類の液体が入ったビニールの筒を渡された。

 言われるがままに、液体部分を押し出すように力を込めると、中の袋が破れて液体が混ざり始めた。中身を往復させるように混ぜていくと、熱を帯びながら次第に白っぽくなり、膨らんでいく。数分で弾力のある柔らかい棒(長さ68センチ)ができた。

その他の写真を見る(1/3枚)

 棒の正体は発泡ウレタン。長期間使っても質感が変化しにくく、断熱効果もある。これを17本作り、専用のシーツに差し込めば、長さ190センチ、幅68センチ、厚さ6・3センチのマットレスが完成する。所要時間は30分ほどだ。

 避難所用の寝具は、体への負担が少なく、より少ないスペースで保管できるものが理想だ。布団や市販のマットレスは広い保管場所が必要。一方で空気を入れるだけのエアマットは、小さく収納できる半面、寝心地が良いとはいえず、長期間の使用には適さない。

 コニシセイコーは、できあがった製品ではなくその場で作るという逆転の発想で、保管スペースの問題をクリア。化学反応を起こす前は、牛乳パック10本分ほどの段ボールに収まる。

■東日本大震災がきっかけ

 本業の精密機器とは畑違いであるマットレスの開発をコニシセイコーが始めたのは、平成23年3月の東日本大震災でボランティアに出向いた社員が、床の上で寝起きする被災者を目の当たりにしたのがきっかけだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ