PR

産経WEST 産経WEST

幸せ願い引き渡した猫が消えた…飼い主vs動物愛護団体、大阪地裁の判断は

飼い主の女性が大阪地裁に提供した猫7匹の写真(細川敦史弁護士提供)
飼い主の女性が大阪地裁に提供した猫7匹の写真(細川敦史弁護士提供)

 経済的事情から手放すことを決め、動物愛護団体に引き渡した猫7匹。その後、行方が分からなくなり、精神的苦痛を受けたなどとして、飼い主らが慰謝料と猫の返還を団体に求めた訴訟の判決が5月、大阪地裁で言い渡された。甲元雅之裁判官は団体側の一連の不誠実な行為を認定し、慰謝料の支払いを命じた一方、猫の返還は認めなかった。“再会”を強く求める飼い主は、毛色や性別などの特徴を記した書類を提出していたが、地裁はどう判断したのか。

 判決などによると、原告となった兵庫県の女性は猫9匹と犬3匹を自宅で飼育していたが、夫が急病で入院。生活が苦しくなり、このうち愛猫7匹を手放すことを決めた。

 自治体の動物愛護センターへの引き渡しも検討したが、「殺処分されるのでは」との不安がよぎった。そんなとき、家族がインターネットで探し当てた大阪の動物愛護団体の存在を知った。犬猫の保護や里親募集などを担う、とうたう団体だった。女性は平成29(2017)年7月25日、団体に7匹を託した。それぞれが里親と巡り合うなどし、幸せに暮らすことを願った。これがトラブルの発端だった。

 女性はその後、預けた猫の行方を明らかにしない団体に不信感を抱き、猫の保護団体代表を務める水野直美さん(61)=兵庫県伊丹市=に相談。水野さんはすぐさま団体と掛け合い、同31日には7匹を贈与してもらうことで合意した。しかし、8月2日に水野さんが電話で確認すると、返ってきた言葉は「5匹はすでに他人に譲渡した」。水野さんらは抗議し、猫との面会や現状の写真の提供などを求めたが、団体側は一切応じなかった。その後、文書や電話で同様の要請を続けたが、団体とは秋以降、連絡が取れなくなった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ