PR

産経WEST 産経WEST

「大丸ファン」どう獲得 心斎橋店本館建て替えの目算

9月20日に開業する大丸心斎橋店本館の外観イメージ
9月20日に開業する大丸心斎橋店本館の外観イメージ
その他の写真を見る(1/3枚)

 大阪・心斎橋のランドマークとして関西ではなじみ深い大丸心斎橋店本館(大阪市中央区)が86年ぶりに建て替えられ、9月20日に全面開業する。歴史的建築物の外観を温存しつつ、売り場面積を拡大。内装とサービスには利便性を高める最新技術を採用する。訪日外国人客(インバウンド)だけでなく、関西全域から「大丸ファン」を呼び込みたい考えだ。(山本考志)

 大丸心斎橋店本館は、大正から昭和30年代にかけて活躍した米国出身の建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが残した代表的建造物。アール・デコ調のクラシックな外装を生かしながら、内部に高さ約50メートル、幅約4メートルの大型LEDモニターを据え付ける。

 本館は建て替え前に比べ、売り場面積が約3割増の約4万平方メートルになり、店舗数は370店。令和3(2021)年に改装が終わる北館と2~10階で接続し、南館を含めると計約8万6500平方メートルになる。

 11日に開催されたJ・フロントリテイリングによる記者発表会で山本良一社長は、同社が東京・銀座で平成29(2017)年に開業した「GINZA SIX」(ギンザ シックス)を成功例として挙げ、本館については「次世代と世界に通用する百貨店の進化形を示す」と語った。

 シックスでは「脱百貨店」を掲げ、百貨店のバイヤーらが商品を買い付ける従来の運営方式ではなく、全フロアをテナントに賃貸。テナント側が自分たちの裁量でレイアウトや品ぞろえを工夫し、集客に貢献している。本館でも6割のフロアを同様の形態にするという。

 インバウンドの誘致策としては、9階に「ポケットモンスター」や「週刊少年ジャンプ」など海外でも人気のコンテンツをテーマにしたショップを展開し、免税カウンターや海外VIP用のラウンジも併設する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ