PR

産経WEST 産経WEST

【都市災害から守る 上】子供が被災、親は…巨大地震備え、学校手探り

 1列に並んだ保護者が子供の名前を告げる。教諭は保護者が署名をするのを確認、児童を呼んで引き渡す。「さようなら」。親子は笑顔で手をつなぎ、教室を出る-。

 今年5月中旬、災害発生を想定して近畿の公立小学校で土曜参観後に行われた「引き渡し訓練」。流れ作業のように整然と進む光景を見て、ある母親はこんな不安を口にした。

 「職場にいるときに大地震が起きたら、その日のうちに学校へ来られないかもしれない。そうしたら、子供はどうなるんだろう」

 平成30年6月18日午前7時58分。大阪府北部を震源に、マグニチュード(M)6・1、最大震度6弱を観測した大阪北部地震の発生は、通学路に子供たちが列をなす登校時間帯だった。

 学校側は、教諭が全員の自宅に電話して安否を確認するなど対応に追われた。すでに子供を送り出した保護者は、不安を募らせ、通勤途中だった保護者は交通手段や通信手段を断たれ、混乱が広がった。

 学校からのメールはなかなか届かず、学校に電話してもつながらない-。

 30年以内に発生する確率が70~80%とされるM8~9級の南海トラフ巨大地震では、当日中に帰宅できない帰宅困難者は最大約146万人と想定される。大阪北部地震の比ではない混乱になることは確実だ。

■ ■ ■

 保護者と連絡が取れなかったり、学校へ誰も迎えにくることができなかったりする子供はどうなるのか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ