PR

産経WEST 産経WEST

覚醒剤所持、中国籍の男性無罪 名古屋地裁判決

 名古屋市港区の倉庫で昨年10月、覚醒剤約340キロを所持したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の罪に問われた倉庫の借り主で中国籍のフー・ナイクン被告(50)の判決で、名古屋地裁(吉井隆平裁判長)は14日、無罪を言い渡した。求刑は懲役10年、罰金350万円、覚醒剤の没収だった。

 公判では、台湾から輸入され、倉庫に搬入されたタイヤホイールに覚醒剤が隠されていたことを認識していたかどうかが争われた。

 台湾籍の男3人=同法違反罪で公判中=と共謀、昨年10月4日に倉庫で覚醒剤約340キロを所持したとして起訴されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ