PR

産経WEST 産経WEST

【ビブリオエッセー】たくましさに倣い もうひと花 「ぱっと見」では気づかない すごすぎる雑草 岩槻秀明著(ビジュアルだいわ文庫)

 定年退職を機に写真を始めたので、気に入った風景を求めて野山を歩き回ることが多くなった。すると、いままで気にもしなかった足もとの雑草たちが、この本の前書きのように「風景に季節の彩りを添えてくれる」大事な脇役に思えてくる。

 なによりこの本の、さまざまな雑草たちの「生きざま」に焦点をあてた解説にずんずん引き込まれ、ついに手放せなくなってしまった。

 たとえば、よく写真に撮られるフクジュソウやセツブンソウ、カタクリの花は早春にパッと咲いて他の草木が生い茂る夏の間は地上部を枯らして休眠状態に入り、翌春に備える「奇想天外な雑草たち」だそうで、そういえばカタクリの花を撮影しようとしてもちょっと油断するとすぐに消えてしまう。なるほど、そういう部類の植物なんだと納得した次第。

 また、いつも春の風物詩として川沿いの桜の下に広がっている菜の花は、増えすぎると堤防を傷めて水害を引き起こしてまうこともあるやっかいな植物だそうで、喜んで写真を撮ってばかりもいられないようだ。

 いつも庭にはびこる雑草たちをうっとうしく思いながら草抜きをしているわが身も、激動の昭和から平成、令和と3つの時代を雑草のごとく、世の荒波にもまれながら生き抜いてきた。そろそろ人生も終焉を迎える頃合いかなと思うが、この本にあるたくましい雑草たちに習って、まだまだもうひと花咲かせたいものだとしみじみ考え始めている今日この頃である。

大阪狭山市 北浦坦(ひろむ) 72

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ