PR

産経WEST 産経WEST

大阪・枚方の踏切で84歳女性救出 支援学校生徒がお手柄

大阪府立むらの高等支援学校の生徒2人が女性を救出した踏切。左奥に同校がある=大阪府枚方市
大阪府立むらの高等支援学校の生徒2人が女性を救出した踏切。左奥に同校がある=大阪府枚方市
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府枚方市の踏切で手押し車を利用していた女性(84)が転倒し、警報音が鳴る中で取り残される事案が5月にあり、近くの高等支援学校の男子生徒2人が女性を救出していたことが14日、分かった。すぐ近くまで電車が迫る緊迫した状況。生徒らは軽度の知的障害があるといい、学校は「普段は、知らない人の前では緊張して体が動かないことも多い。とっさに人命を救助したのは本当にすごい」と喜んでいる。大阪府警も感謝状を贈る予定だ。(西山瑞穂)

 2人は府立むらの高等支援学校2年、酒井保明(やすあき)さん(16)と汐川空羽人(しおかわ・くうと)さん(16)。5月17日午後4時10分ごろ、京阪交野線村野駅(同市村野本町)近くの踏切で、手押し車のタイヤが線路の隙間に挟まり女性が転倒。すぐに電車の接近を知らせる警報音が鳴り、遮断機が下り始めた。

 「このままやったらやばい。助けにいかな」。下校中だった2人は、この様子を目撃。すぐさま駆け寄り、協力して女性を踏切の外に運び出した。

 同時に別の通行人が非常ボタンを押し、電車は踏切の50メートルほど手前で停止した。大阪府警枚方署の小南欽一副署長は「2人の行動がなければ重大な事故になっていたかもしれない」と振り返る。

 同校の長田登起夫教頭によると、2人は「スポーツ部」に所属しており、「体力もハートもある子供たち」。酒井さんはリーダータイプで、汐川さんは冗談を言って周囲をよく和ませているという。

 助けられた女性からは学校に、「命を救ってくれて本当にありがとう」と感謝の電話があった。枚方署は17日に、2人に署長感謝状を贈る予定。女性も直接2人に感謝を伝えるという。

 同校は知的障害がある生徒94人が就労を目指して学んでおり、長田教頭は「2人の勇敢な行動を手本に生徒たちがさらに成長し、社会で自立して生きていってほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ