PR

産経WEST 産経WEST

セブ島邦人女性殺害 指示容疑で神戸の77歳夫逮捕

 フィリピン中部セブ島で昨年8月、現地在住の家具製造会社社長、浜田純子さん=当時(71)=が射殺される事件があり、兵庫県警捜査1課は13日、現地のフィリピン人に殺害を指示したとして、殺人の疑いで神戸市に住む夫で無職、慎一容疑者(77)を逮捕した。「私は知りません」と容疑を否認している。

 海外で日本人が殺人事件に関与した場合などであっても日本の刑法を用いるという「国外犯規定」を適用した。

 逮捕容疑は昨年8月24日夜、フィリピン人の男女2人と共謀し、セブ島の路上で、車を運転していた浜田さんに拳銃を発砲し殺害したとしている。

 県警によると、フィリピンの警察当局は昨年秋、実行役の男女2人を麻薬や銃器関連の犯罪に関与した疑いで逮捕。この取り調べで、慎一容疑者から浜田さん殺害を依頼されたと供述した。

 その後、連絡を受けた県警が慎一容疑者の通話履歴などを解析。慎一容疑者が国内で殺害を計画し、国際電話で2人に実行を指示した疑いが強まったという。

 当時、慎一容疑者と浜田さんは離婚訴訟中で、県警は夫婦間のトラブルが事件の引き金になった可能性もあるとみて調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ