PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】建築“裏人生”インスタ映え200年前「ほんまもん」町並み再現 大阪くらしの今昔館館長・谷直樹さん(70)

江戸時代の町並みを再現した常設展示で。「ほんまもんでないと」と話す谷直樹館長 =大阪市北区の大阪くらしの今昔館(南雲都撮影)
江戸時代の町並みを再現した常設展示で。「ほんまもんでないと」と話す谷直樹館長 =大阪市北区の大阪くらしの今昔館(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 レトロな江戸時代の大阪の町並みをバックに着物姿で写真が撮れると人気の「大阪くらしの今昔館」(大阪市立住まいのミュージアム、大阪市北区)。5月下旬には、累計入館者500万人を達成した。いまや大阪を代表する観光スポットとなった同館の構想段階から関わり、平成13(2001)年の開館以来館長を務める谷直樹・大阪市立大名誉教授に話を聞いた。一言でいうと、凝ってますね~。(聞き手 編集委員・山上直子)

■ほんまもんの大阪がここに

 「はい。凝りに凝った結果です」と笑う谷さん。今昔館は江戸時代にタイムスリップしたような気分が味わえると人気だが、10年がかりで構想・企画。建築が専門だけに細部にまでこだわった。「まず伝統的な町家を作るために京都・桂離宮の昭和の大修理を担当した数寄屋(すきや)大工にお願いしました。原寸大の大阪の町並みを再現してエイジング(経過年数に応じて風食や傷みなどを演出すること)を施して。やっぱり、ほんまもんでないとあかんのです」

 開業直後は年間15万人ほどだったが、近年はインバウンドの影響もあって急増し、昨年度は62万人と過去最高を更新。人気は毎日300人限定の着物(夏は浴衣)体験コーナー。着物姿で見学できて“インスタ映え”はバッチリ。展示は夏と冬バージョンがあり、現在は夏祭りのしつらいだ。1時間ほど滞在すると、照明と音で朝昼晩の変化が体験でき、花火や夕立といった演出も楽しい。

タンスを頭、手鏡を目に見立て花嫁衣装など婚礼道具一式で作られた獅子の「造り物」 =大阪市北区の大阪くらしの今昔館(南雲都撮影)
タンスを頭、手鏡を目に見立て花嫁衣装など婚礼道具一式で作られた獅子の「造り物」 =大阪市北区の大阪くらしの今昔館(南雲都撮影)
その他の写真を見る(2/6枚)

 自慢は婚礼道具一式で作られた獅子の「造り物」だ。江戸時代後期の大坂で競って作られたが、特に決まりはなく自由な発想や工夫が好まれたという。「大阪発祥で、はやり廃りの激しい大都市・大阪ではなくなってしまいましたが、富山や山陰、九州に広がり今も祭りの中に残っている。当時は大阪の最新の文化がとてもありがたく見えたんですね」

反物をピンで着付ける「ピンワーク」を体験する外国人女性 =大阪市北区の大阪くらしの今昔館(南雲都撮影)
反物をピンで着付ける「ピンワーク」を体験する外国人女性 =大阪市北区の大阪くらしの今昔館(南雲都撮影)
その他の写真を見る(3/6枚)

 写真撮影も可で、昔のおもちゃなどの展示も手にとってかまわない。町の風情やにぎわいを体感してもらうことが第一なのだ。本物の中だからこそ、生活文化を“展示”してもリアリティーがある。「この重厚感はからだで感じるもの。不思議ですがわかる、伝わるんです」

 ところで元々は建築が専門なのに、なぜ博物館を?

 「僕の裏人生はずっと博物館づくりでした。こんなおもしろいこと、一度やったらやめられません」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ