PR

産経WEST 産経WEST

女性の遺体遺棄容疑で逮捕 京都・向日市職員ら2人

女性の遺体が見つかったアパート駐車場=12日、京都府向日市(画像の一部を加工しています)
女性の遺体が見つかったアパート駐車場=12日、京都府向日市(画像の一部を加工しています)

 京都府向日(むこう)市上植野町藪ノ下にある集合住宅の駐車場で11日午前、成人女性とみられる遺体が見つかった事件で、京都府警向日町署は12日、遺体を遺棄したとして、この集合住宅に住む職業不詳、橋本貴彦容疑者(55)とその知人で向日市地域福祉課の主査、余根田渉容疑者(29)を逮捕した。両容疑者とも「遺体を運び出して駐車場に遺棄したことに間違いない」と容疑を認めている。

 同署によると、橋本容疑者は生活保護を受けており、余根田容疑者はケースワーカーとして橋本容疑者を担当していた。

 逮捕容疑は、共謀して11日午前11時20分ごろ、女性の遺体を2階の部屋から10メートル程度離れた隣接の駐車場に遺棄したとしている。遺体は腐敗が進み、全身が白い粘着テープで巻かれていた。

 同署によると、2人は署員が遺体を発見した際に駐車場近くにいた。初めは関与を否定していたが、詳しく事情を聴いたところ遺棄を認める内容の供述をしたという。

 同署は遺体を司法解剖し、女性の身元と死亡の経緯について調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ