PR

産経WEST 産経WEST

藤井七段、第91期ヒューリック杯棋聖戦1次予選初戦勝利

第91期ヒューリック杯棋聖戦1次予選で東和男八段(右)と対局する藤井聡太七段=11日午前、大阪市福島区の関西将棋会館
第91期ヒューリック杯棋聖戦1次予選で東和男八段(右)と対局する藤井聡太七段=11日午前、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は11日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦」1次予選で、先手の東和男八段(63)に108手までで勝ち、ブロック別準決勝に進出した。

 この日の対局は、藤井七段にとって第91期の初戦。午前10時に始まった1次予選は持ち時間各1時間で、藤井七段、東八段の順で時間を使い切り、1分以内に指さなければならない「1分将棋」の熱戦となった。藤井七段が正確に攻め寄せ、午後0時18分に東八段が投了した。

 藤井七段は第89期棋聖戦で1次予選決勝まで進み、第90期は2次予選決勝に進んだが今年3月、久保利明九段(43)に敗れた。

 第90期は三冠の豊島将之(とよしままさゆき)棋聖(29)=名人・王位=に渡辺明二冠(35)=棋王・王将=が挑戦する五番勝負が第1局まで行われたところで、豊島棋聖が先勝している。

 藤井七段のブロック別準決勝の対戦相手は伊奈祐介六段(43)で、対局は同日午後2時から始まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ