PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】泥酔を介抱、誰の責任? 書類送検、近大の飲酒問題から浮かぶ境界線

 酔いつぶれた人を介抱するのは誰の責任か。多くの人が直面したことがあるだろう事態に、一つの判断が下された。平成29(2017)年12月に近畿大2年の男性がテニスサークルの飲み会で多量の酒を一気飲みして死亡した問題。大阪府警は5月、保護責任者遺棄致死容疑で飲み会に参加せず介抱していた学生全員を書類送検した一方、飲み会に参加していた上級生の一部は書類送検を見送った。一見、不公平に思える刑事責任の有無。判断の分かれ目はどこにあったのか。

ウオッカを一気に…

 飲み会の開始から30分が過ぎたころだった。平成29年12月11日午後7時半ごろ、近大キャンパスに近い大阪府東大阪市内の居酒屋2階の宴会場に、ウオッカが入った大量のショットグラスが運ばれてきた。

 この日はテニスサークルの役員交代名目の飲み会で、3年生8人と2年生3人の計11人が参加。飲み会では下級生が大量の酒を飲み盛り上げるのが慣例だ。すでにビールを数杯飲んでいた2年生は、ショットグラスのウオッカを次々とビールグラスに移していった。

 2年生の登森勇斗(ともり・はやと)さん=当時(20)=はそれを2回、一気に飲み干した。まもなく長いすで横になり、呼びかけにも反応しなくなった。

 飲み会が終わったのは午後9時ごろ。それに合わせるように、2年生8人が会場に現れた。「はけさし」。意味は不明だが、サークル内でこう呼ばれる介抱役の学生たちだ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ