PR

産経WEST 産経WEST

遺体取り違えて遺族に渡す 大阪・堺署

 大阪府警堺署が、堺市内で発見された70代の男性遺体を遺族に引き渡す際、誤って別の50代の男性遺体を引き渡していたことが10日、同署への取材で分かった。50代男性の遺体はすでに火葬されており、同署は遺族に謝罪した。

 同署によると、50代男性は4月29日に、70代男性は5月19日に、それぞれ堺市堺区内で遺体で発見された。2人とも病死で事件性はなく、70代男性の弟と葬儀業者が同19日に遺体を引き取りに来たが、署内の安置所で保管していた50代男性の遺体を署員が取り違えて渡した。

 50代男性の遺体は引き取り手が見つからず、同27日に遺体を市役所に引き渡す際、70代男性の遺体が安置所に残っていたことから取り違えが判明した。取り違えた署員は、「安置所内に遺体が1体しかないと思い込んでいたため、確認が不十分だった」と説明しているという。同署は「ご遺族に謝罪するとともに、再発防止を徹底する」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ