PR

産経WEST 産経WEST

堺市長選、9日投開票

 政治資金問題で竹山修身(おさみ)前市長が引責辞職したことに伴う堺市長選は9日、投開票される。立候補しているのは、無所属の元市議、野村友昭氏(45)、大阪維新の会公認の元府議、永藤英機氏(42)、政治団体代表で元東京都葛飾区議の立花孝志氏(51)の3新人。維新が掲げる大阪都構想の是非や「政治とカネ」の問題などをめぐり論戦が展開されているが、議論がかみ合わないため争点は分かりづらくなっており、投票率の低下も懸念される。

 選挙戦は、自民党、立憲民主党、国民民主党系の市議ら「反維新」勢力が支援し共産党市議が自主支援する野村氏と、4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選などで圧勝した勢いに乗る維新の永藤氏の事実上の一騎打ち。都構想に賛成に転じた公明党は自主投票としている。

 自民府連の渡嘉敷奈緒美会長が都構想の住民投票容認に方針転換したことに反発して離党した野村氏は「反都構想」を鮮明に打ち出し、「これまで充実させてきた諸施策は政令市だからこそできたこと。都構想に組み込まれると、財源も権限もなくなる」と主張。竹山前市長と同様、「反都構想」派への浸透を図っている。

 永藤氏は「前市長の資金問題はまだ終わっていない」として、「政治とカネ」の問題との決別が第一だと主張。都構想については「堺は議論する段階になく、時期尚早」として公約に盛り込まず、争点化を避けている。一方、府や大阪市との関係については「対立ではなく、連携して堺を成長させたい」と訴えている。

 立花氏は「インターネットを駆使した選挙なら金を使わず、政治とカネの問題はなくなる」と主張。独自の選挙戦を展開している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ