PR

産経WEST 産経WEST

阪神の糸井が殊勲打「勝ちたい一心」執念で延長戦制す

本日のヒーローの阪神・糸井嘉男=ZOZOマリンスタジアム(水島啓輔撮影)
本日のヒーローの阪神・糸井嘉男=ZOZOマリンスタジアム(水島啓輔撮影)

 交流戦最初のカードで勝ち越しを決める大きな1勝だった。1点リードの九回に守護神のドリスが救援に失敗して追い付かれ、振り出しに戻った試合。すんなりと決められないもどかしさを振り払ったのは、延長十回、糸井の値千金の一打だった。

 1死一、二塁。「このチャンスをものにしようと、勝ちたい一心で振り抜いた」と、右前に抜ける適時打で勝ち越しに成功。矢野監督は「気持ちを出してくれた。取られた後に取ってくれた」と勝利に導いた糸井をたたえた。

 指揮官にとっては格別の試合になった。5回2失点と試合をつくった先発高橋遥の後を受け、今季初昇格したばかりの小野が2番手で登板。昨季まで先発起用されていた3年目右腕が初めての中継ぎで2回を抑えて継投リレーをつないだ。

 「俺も腹をくくっているし、やられたら俺の責任。ドキドキしたけど1点差でよく投げた」と矢野監督。最後は2軍監督をしていた昨季から目をかけて指導してきた5番手の島本がきっちり3人で締め、「めちゃうれしいよ。2軍で見ていたやつがこんな所でしっかり投げて。感動せえへんか」と目尻を下げた。

 チームは貯金を今季最多タイの6とした。殊勲打の糸井は「こういうゲームを増やしたい。『1戦必勝』で、みなさん一緒に戦っていきましょう」とファンに呼びかけた。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ