PR

産経WEST 産経WEST

若手歌手の登竜門「セルシー」31日で閉館

若手歌手の登竜門として知られるセルシー広場。中央に野外ステージが見える=豊中市
若手歌手の登竜門として知られるセルシー広場。中央に野外ステージが見える=豊中市

 大阪府の千里ニュータウンの中心部にある大型商業施設「セルシー」(豊中市)が31日で閉館し、47年の歴史に幕を閉じる。耐震性に問題があり、隣接する百貨店「千里阪急」と一体で再開発することが決まっていた。1階広場の野外ステージは若手歌手の登竜門として知られており、惜しむ声が広がっている。

 セルシーは北大阪急行と大阪モノレールの千里中央駅前に立地。昭和47年に完成し、延べ床面積約4万5千平方メートルで地下1階地上6階建て。かつては映画館やプール、ボウリング場があり、レジャー拠点としてにぎわった。ステージには岩崎宏美さんや河合奈保子さん、倉木麻衣さん、きゃりーぱみゅぱみゅさんら数多くの歌手が出演した。

 しかし、平成27年に建物の耐震性に問題があることが判明し、飲食店などが次々に撤退。昨年6月には大阪北部地震で被災、壁などにひびが入り3階から6階が立ち入り禁止となった。

 こうした中、一時100を超えていたテナントはたこ焼き店や焼き鳥店など8カ所にまで減少。うち3カ所は9月末までに営業を終了する予定で、残りのテナントも所有会社と退去の協議を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ