PR

産経WEST 産経WEST

警察官名乗り200万だまし取った疑い 元オリックスの奥浪鏡容疑者を逮捕 兵庫県警

元オリックスの奥浪鏡容疑者=2017年2月5日、宮崎市清武総合運動公園(撮影・甘利慈)
元オリックスの奥浪鏡容疑者=2017年2月5日、宮崎市清武総合運動公園(撮影・甘利慈)

 警察官を名乗り高齢者からキャッシュカードと現金をだまし取ったなどとして、兵庫県警長田署は30日、詐欺と窃盗の疑いでプロ野球オリックスの元選手で無職、奥浪鏡容疑者(23)=広島県呉市広本町=を逮捕した。「カードはだまし取っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年7月10日、兵庫県尼崎市の男性(80)方に警察官を名乗り「キャッシュカードが犯罪に関連している」などと電話をかけ、男性からキャッシュカード2枚をだまし取り、現金約200万円を引き出したとしている。

 同署によると、奥浪容疑者は詐欺グループの指示役だった可能性があるという。同署が共犯者や余罪を調べている。

 奥浪容疑者は平成26年にオリックスに入団。免停中に接触事故を起こし、29年に球団から契約解除された。今年3月には、少女にわいせつな行為をしたとして大阪府警に児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で逮捕されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ