PR

産経WEST 産経WEST

中国に和牛受精卵不正持ちだし認める

 国外への持ち出しが認められていない和牛の受精卵と精液が不正に中国に持ち出された事件で、家畜伝染病予防法違反などの罪に問われた焼き肉店経営、前田裕介被告(51)と無職、小倉利紀(としき)被告(64)の運搬役2人の初公判が30日、大阪地裁(松田道別(ちわき)裁判長)で開かれ、2人は起訴内容を認めた。検察側は前田被告に懲役2年6月、小倉被告に懲役1年6月を求刑。2人の弁護側は関与の度合いが低いとして執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。判決公判は6月25日。

 起訴状によると、2人は共謀し昨年6月29日、大阪発中国・上海行きフェリーに、輸出に必要な検疫などを受けずに和牛の受精卵や精液を注入した365本のストローを持ち込み、不正に輸出したとしている。

 検察側は冒頭陳述で、中国人から運搬を頼まれた前田被告が平成24年ごろから小倉被告とともに、これまで8~10回ほど不正に輸出していたと指摘。論告では「畜産業に深刻な打撃を与えた」と指弾した。

 事件では、流出元とされる徳島県吉野川市の牧場経営、松平哲幸被告(70)も、前田被告らが不正輸出すると知りながら、和牛の受精卵や精液を必要な証明書などを添付せずに譲り渡し、前田被告らの犯行を手助けしたとする同法違反幇助(ほうじょ)罪などで起訴されている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ