PR

産経WEST 産経WEST

近大飲酒死亡で学生ら12人を書類送検 大阪府警

近畿大学東大阪キャンパス、正門=近畿大学東大阪キャンパス(岩川晋也撮影)
近畿大学東大阪キャンパス、正門=近畿大学東大阪キャンパス(岩川晋也撮影)

 平成29年12月に近畿大経済学部2年だった登森勇斗(ともりはやと)さん=当時(20)=がテニスサークルの飲み会で多量の酒を一気飲みして死亡した問題で、大阪府警捜査1課は27日、救急搬送など適切な処置をしなかったとして保護責任者遺棄致死容疑で、飲み会に参加するなどした当時の3年生4人と介抱役の2年生8人の計12人を書類送検した。

 送検容疑は29年12月11日夜、大阪府東大阪市の居酒屋で、ウオッカなどを多量に飲んで酔いつぶれた登森さんを保護する責任があるのに、救急搬送するなどの必要な措置をせず、翌日に死亡させたとしている。同課は12人の認否を明らかにしていないが、大半は「登森さんの症状から急性アルコール中毒を疑った」と話しているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ