PR

産経WEST 産経WEST

「京都勝牛」5年後に300店体制、北米初出店も

5年後に現在の4倍の国内外300店体制を目指す牛カツ専門店「京都勝牛」=京都市下京区(西川博明撮影)
5年後に現在の4倍の国内外300店体制を目指す牛カツ専門店「京都勝牛」=京都市下京区(西川博明撮影)

 外食チェーンを展開するゴリップ(京都市下京区)は、牛カツの外食専門店「京都勝牛」の国内外の店舗網を、現在の74店舗から5年後の令和6(2024)年を目標に約4倍の300店体制へ拡大する事業計画を明らかにした。8月は新たにカナダへ初出店して北米進出を果たすなど、同社が京都から提案した新たな和食「牛カツ」を世界に広げる戦略を進める。

 具体的には5年後をめどに、国内は現在の54店舗から200店舗へ拡大。路面店のほか、大型商業施設内のフードコートや主要幹線道路沿いの郊外型店の出店を増やし、他社と提携したフランチャイズ(FC)店も含めた出店拡大を図る。

 海外は現在、現地の企業と提携し、韓国で17店、台湾で3店の計20店舗を展開。今後はアジアを中心に、欧米でも出店を広げ、現在の約5倍の100店に店舗網を広げるとした。

 「京都勝牛」は平成26年12月に京都・先斗町で初出店し、インバウンド(訪日外国人客)を含め、店頭で行列ができるほどの人気店に成長。同社が意欲的に出店拡大を進めるのは、同社が提案した定食スタイルの「牛カツ」文化を「京都から世界へ広げたい」(担当者)との思いを具現化させるためだ。

 こうした店舗の急拡大戦略に合わせ、令和2(2020)年の東京五輪・パラリンピックや7年の大阪・関西万博の開催を見据えた来店客へのサービスの充実も強化。インバウンドが多い店舗ではコミュニケーション支援の一環で自動翻訳機の導入を順次進めるほか、イスラム教徒も牛カツを楽しめるよう、ハラル対応のメニューの検討も進めるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ